キエフのオフィスデザイン

キエフのオフィスデザイン

キエフのオフィスデザイン

伊藤忠商事は10月26日、ウクライナの大手鉄道車両メーカーであるクリュコフとの間で、三菱電機、富士電機など日本製機器を中心とした地下鉄車両95両分の電気品やブレーキシステムの機器を受注したと発表した。受注額は約42億円で、2013年6月より順次納入が開始される。

納入される機器は、キエフ市営地下鉄公団の地下鉄車両に搭載される。同社では、今回の納入によって既存の直流駆動車両がVVVFインバータ制御の交流駆動車両に更新され、回生電力の利用とも相まって電力消費量が約35%削減できるとしている。

なおこの案件は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とウクライナ環境投資庁(SEIA)が交わしたGIS(グリーン投資スキーム)に関する契約に基づく事業として実施され、SEIAに対してNEDOが支払った温室効果ガス排出枠(AAU)購入代金が契約代金の支払いに充当される。

Source: http://news.mynavi.jp/news/2012/10/27/012/



動画を見ます キエフのオフィスデザイン

Martynov Masha performs author dance Կիև 著者ダンス

レンジファインダーカメラボディー編集

  • キエフII型(1947年発売) - コンタックスIIそのもの。
  • キエフIII型(1948年発売) - コンタックスIIIそのもの。
  • キエフIIa型(1955年発売) - キエフII型の小改良型。シンクロ接点の追加。
  • キエフIIIa型(1955年発売) - キエフIII型の小改良型。シンクロ接点の追加。
  • キエフIV型(1957年頃発売) - キエフIIIa型の改良型。外見の特徴として露出計のデザインがコンタックスIIIaに類似するデザインに変更された。特に最初期のキエフIV型の露出計のデザインは上部にT字型のエンボスを持たずにフラットであり、コンタックスIIIaとより酷似している。軍艦部左側の露出計ダイヤルの形状もまたコンタックスIIIaに類似する高さの無いデザインとなった。コンタックスから続く裏蓋のカメラ支持スタンドが廃止された。前期型をType1、後期型をType2と分類する。Type2でシャッタースピードは最速1/1250から1/1000となった。
  • キエフIVa型(1958年頃発売) - キエフIIa型の小改良型。外見の特徴としてコンタックスから続く裏蓋のカメラ支持スタンドが廃止された。前期型をType1、後期型をType2と分類する。Type2でシャッタースピードは最速1/1250から1/1000となった。
  • ノーネームキエフ(1963-64年製造) - アメリカ向けに販売された。前面にキエフの文字がないためこの名称で呼ばれるが、製品としてはキエフIVa型そのもの。カメラ裏側に「USSR OCCUPIED GERMANY」の刻印を持つ個体もある。以前はノーネームコンタックスと呼ばれ、コンタックスIIとキエフII型の過渡期の製品と思われていた。
  • キエフV型(1967年製造?) - パララックスを自動補正するブライトフレームファインダーを装備する。フィルムはレバー巻き上げ、クランク巻き戻し。露出計が内蔵されたため、外見はコンタックスの系統からかなり変化した。内爪マウントは変更されたため従来の内爪マウントレンズはキエフV型用には使用できず、またキエフV型用のレンズは従来のボディーには使用できない。
  • キエフIVaM型(1970年代後半頃発売) - キエフIVa型 Type2の改良型。前部プレートに傾斜が設けられたのが、外観として特徴。軍艦部各ダイヤルがキエフV型を踏襲して一部黒色塗装となる。シャッタースピードは最速1/1000。
  • キエフIVM型(1970年代後半頃発売) - キエフIV型 Type2の改良型。前部プレートに傾斜が設けられたのが、外観として特徴。軍艦部各ダイヤルがキエフV型を踏襲して一部黒色塗装となる。シャッタースピードは最速1/1000。

レンジファインダーカメラ用レンズ編集

  • オリオン15(Orion-15 )28mmF6 - トポゴン型4群4枚。距離計非連動。
  • ジュピター12(Jupiter-12 )35mmF2.8 - ビオゴン3.5cmF2.8のデッドコピー。アタッチメントはφ40.5mmねじ込み。
  • ジュピター3(Jupiter-3 )50mmF1.5 - ゾナー5cmF1.5のデッドコピー。アタッチメントはφ40.5mmねじ込み。
  • ヘリオス94(Helios-94 )50mmF1.8 - キエフV型内爪マウント用。
  • ジュピター8HB(Jupiter-8HB )50mmF2 - キエフV型内爪マウント用。
  • ジュピター8(Jupiter-8 )50mmF2 - ゾナー5cmF2のデッドコピー。アタッチメントはφ40.5mmねじ込み。
  • ヘリオス103(Helios-103 )53mmF1.8
  • ジュピター8M(Jupiter-8M )53mmF2
  • ジュピター9(Jupiter-9 )85mmF2 - ゾナー8.5cmF2のデッドコピー。アタッチメントはφ49mmねじ込み。
  • ジュピター11(Jupiter-11 )135mmF4 - ゾナー13.5cmF4のデッドコピー。アタッチメントはφ40.5mmねじ込み。

専用バヨネット一眼レフカメラボディー編集

  • キエフ10(1964年または1965年発売) - 非常に独創的な機構を持つカメラ。ペンタプリズム額部にあるセレン光電池によるシャッタースピード優先AE機構を持つ[2]。1/2〜1/1000秒の金属製ロータリーシャッター、クイックリターンミラーを装備している[3]。
  • キエフ11 - 露出計受光部が撮り手から見て左手側に移された。
  • キエフ15TEE(1974年発売) - TTLのCdS露出計に改良された。1980年まで製造された。
  • キエフ15TTL(1980年発売) - 1985年まで製造された。

専用バヨネット一眼レフカメラ用レンズ編集

レンズ側には絞りリングがなく、ボディー側から制御している。

  • ミール20(Mir-20 )20mmF3.5
  • ミール1(Mir-1 )37mmF2.8
  • ボレナ4(Borena4 )'50mmF1.4
  • ヘリオス81(Helios-81 )50mmF2 - 最短撮影距離0.5m。アタッチメントはφ49mmねじ込み。
  • ヘリオス65(Helios-65 )50mmF2
  • ヘリオス81(Helios-81M )53mmF2
  • ジュピター9(Jupiter-9 )85mmF2
  • ジュピター11(Jupiter-11 )135mmF4

ニコンFマウント一眼レフカメラボディー編集

ニコンのレンズとはあまり相性が良くない。

  • キエフ17(1977年頃発売) - シャッターは機械式金属幕縦走りフォーカルプレーン式。シャッター速度はB、1〜1/1000秒、X接点は1/60秒でシンクロする[4]。
  • キエフ17M/キエフ20 - TTL測光となった。
  • キエフ19 - シャッター最高速度が1/500秒とされ、セルフタイマーも省略された。電源はボタン電池のLR1130もしくはAG10を2個使用する。
  • キエフ19M(1985年頃発売) - 外装に一部プラスチック部品が採用された。

ニコンFマウント一眼レフカメラ用レンズ編集

HはアルファベットのNに当たり、ニコンFマウントであることを表す。

  • アルサットH(Arsat H )20mmF2.8 - 8群10枚。最短撮影距離0.25m。アタッチメントはφ62mmねじ込み。
  • MSミール20H(MS Mir-20H )20mmF3.5
  • MSミール24H(MS Mir-24H )35mmF2 - 7群8枚。最短撮影距離0.24m。アタッチメントはφ58mmねじ込み。
  • PCSアルサットH35mmF2.8
  • アルサットH50mmF1.4
  • アルサットH50mmF2
  • MSヘリオス81H(MS Helios-81H )50mmF2 - 4群6枚。最短撮影距離0.5m。
  • MSカレイナール5H(MS Kaleinar-5H )100mmF2.8
  • MSテレアーH(MS Telear H )200mmF3.5
  • アルサットH300mmF2.8
  • ズームアルサットH80-200mmF4.5
  • MSグラニット11H(MS Granit-11H )80-200mmF4.5

コンパクトカメラ編集

  • キエフ35A - ミノックス35シリーズのコピー。

Source: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%A8%E3%83%95_(%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9)



詳細について キエフのオフィスデザイン

可動式

朝食

幼児用ベッド

託児サービス

ペット

空港シャトル

Source: https://jp.hotels.com/ho112376/puremia-paresu-hoteru-kiefu-ukuraina/



約イメージ キエフのオフィスデザイン

engi.kiev.ua

Archieve

November 2016