バイアグラ購入方法

バイアグラ購入方法

バイアグラ購入方法

探している "バイアグラ購入方法"?

私たちはあなたを助けます!


動画を見ます バイアグラ購入方法

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

バイアグラをネットで買うと危険な3つの理由

記事 バイアグラ購入方法

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます バイアグラ購入方法:

バイアグラの購入を考えるとき、問題になるのはその購入方法ですよね。病院で買ったり通販で買ったり、それぞれにメリットデメリットはあるのですが、価格や、それ以外の面で心配事は尽きません。今回はそのバイアグラの購入方法や、それによる価格の違いについて細かく解説していきたいと思います。

バイアグラの値段は大きく分けて3種類?

バイアグラには購入方法により、大きく分けて3種類の価格があります。1つ目が病院において正規品を買うときの価格。2つ目は病院においてジェネリックのバイアグラを買うときの価格。そして、3つ目は通販で買うときの価格です。

基本的には病院で正規品を買う場合が一番お金がかかると考えてもらって構いません。次にジェネリックが来て、最後の通販は一気に値段が下がります。そのため、バイアグラなどの勃起薬は通販で購入する方も多いのですが、これには常に偽物などの危険が付きまといます。

バイアグラを病院で購入するときの価格

病院には総合病院と専門病院があります。しかし、勃起不全の治療に行きたいと考えるのであれば、やはり専門病院のほうがおすすめです。その理由は、総合病院よりも費用が安くなる可能性が高いからです。

例えば、バイアグラの病院ごとの価格の比較に関しては以下のような記述があります。

また勃起不全の治療は基本的には保険が利きません。そのため、総合病院などに行くと初診料や診察料で5,000円以上の費用が掛かってしまう場合もあります。

しかし専門病院の場合は初診料や診察費を初回無料としているところが多いため、最終的な支出を考えると明らかに専門病院のほうがコストが下がります。

総合病院に行ったほうがいい場合とは?

ただし、勃起不全であっても総合病院に行ったほうがいいと思われる場合もあります。それは、生活習慣病を原因とする勃起不全になった場合です。この場合は保険による治療が可能ですし、設備の整っている総合病院のほうが、早く改善に向かう可能性があるからです。

とはいえ、生活習慣病が原因となった場合にバイアグラを処方してもらえるかというのはまた別の問題です。基本的には専門病院に行って、そこで生活習慣病が原因ですと言われたら、保険を使って総合病院で検査を受けるというのがいいかもしれません。

バイアグラのジェネリックを病院で購入するときの価格

バイアグラを買うときにもうひとつ重要なのが、このジェネリックという存在です。ジェネリックというのは、オリジナルと同じ成分を使っており、同じ効果が出るという薬のことですね。

そして、その価格はオリジナル品よりも少しだけ安くなります。

なぜ同じような薬なのに安くできるのかというと、そこには特許の問題が関わってきます。新薬ができた場合はその権利を保護するために様々な特許がかけられ、一定期間他の企業は似たような薬をつくれなくなります。

ところが、その特許が切れると、他の企業もある程度自由にその市場に参入できるようになるのです。そうなれば、後から出てくる薬は開発コストを抑えた状態で出せますから、必然的に価格も下がるのです。これがジェネリック医薬品と呼ばれるものになります。

もちろんジェネリック医薬品にも試験はあり、オリジナルと同じ成分を使って、統計上同等と認められる効果が出ることが必要になります。ですから、ジェネリック医薬品は安いから質が悪いとは思わないでください。単に特許の関係で値段が安くなっているんだと思っていただいて大丈夫です。

この値段ですが、総合病院のほうは基本的に薬の値段を公表していないため、相場はわかりません。ただ、専門病院の場合は大体1錠1,000円ほどが相場になっています。

バイアグラは1回の服用で終わりではなく、その後何度もお世話になるかもしれないので、効果が同じならこちらのほうがずいぶんお得になりそうです。

ネット通販におけるバイアグラの価格

ところが、カマグラ・カマグラゴールドと呼ばれている勃起薬の場合は1錠たったの368円です。お薬なびでは、このカマグラやカマグラゴールドについて、「バイアグラジェネリック」と説明していますが、これは日本のジェネリックとはまた違うので注意してください。

こちらはインドでつくられたバイアグラのジェネリックで、国内製のものではありません。そして、国際的な特許の決まりを半ば無視してつくられているものなので、本当のところは「ジェネリック」と呼んでいいのかも疑問です。

そのような事情があるので、日本の病院で買えるジェネリック医薬品とは違い、このインドのカマグラは病院などの公的機関で購入することはできません。

ただ逆にインド製なのでコストが抑えられるという理由からか非常に安い値段で手に入るのが特徴です。

価格の相場ですが、ネットの場合はそれこそ同じ商品でもかなり値段が変わってきます。同じカマグラでも値段が1錠あたり100円以下で売っているようなサイトも探せば見つかります。

ところが、ネットの場合注意しなければならないのは偽物が多いということです。

特に薬はある程度最低価格が決まっているはずですので、いくらなんでも1錠100円以下というのは怪しすぎます。探せば他にも安いもの自体はあるでしょうが、それでも安全性を考えて1錠300~500円くらいのものを購入したほうがよいでしょう。

バイアグラ以外の勃起薬の相場は?

バイアグラなどの勃起薬について調べたことのある方は、レビトラやシアリスという名前を聞いたことがあるかもしれません。これらは、バイアグラの改良品として出されたものです。

レビトラはバイアグラに比べて効果時間が数時間長く、食事の影響を受けにくい。(バイアグラは空腹状態で服用する必要があります)

  • レビトラ10mgは1錠1,500円
  • レビトラ20mgは1錠 1,800円
  • シアリス10mgは1錠 1,700円
  • シアリス20mgは1錠 1,800円

となっています。基本的にこちらの薬はバイアグラより少しだけ高くなりますので、このくらいが相場と見てもよいでしょう。もしもバイアグラがどうにも体に合わない。副作用が出る。という場合は1度こちらを試してみるとよいかもしれません。

バイアグラの値段に対する世間の考えとは

さあ、バイアグラやその他の勃起薬に関連する価格相場について書いていきましたがいかがでしたでしょうか。やはり、保険が利かないという性質上、これらの薬は1錠当たりの値段が結構高く、不安になった方もいるかもしれません。

ここで少し、世の男性方はこのバイアグラの価格についてどのように思っているのか。という口コミを見てみましょう。

この方はオリジナルのバイアグラを購入しておりジェネリックを購入するか迷っておられるようですね。先ほども説明しましたように、日本のバイアグラジェネリックを病院で購入するのならば問題が起きることは、まずありません。

正規品よりはかなり安く買うことができますから、まずはそちらのほうを試してみるのがいいでしょう。

こちらは口コミというよりは記事の導入文なのですが、それでも1錠2700円というのはびっくりですね。バイアグラは決まった価格がないため、病院が自由に値段を決められます。そのため、このようなことが起こってもおかしくありません。

しかし、ここまで高いものは私も聞いたことがありませんでした。病院などに薬をもらう際には事前にその値段について調べておいたほうがよさそうです。

やはりバイアグラに関しては値段が高いと思っている方が多いようですね。だからこそ通販などを利用する方も多いのかもしれません。では、バイアグラをできるだけ効果的に安く使う方法はないのでしょうか。

裏技、と言うほど大袈裟なものではありませんが、一応あるにはあるんです。

バイアグラを割って使う?

さて、現在日本の病院などで買えるバイアグラには25mgと50mgの2種類があります。これはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルの含有量を表すもので、当然50mgのほうが価格も高くなります。

ただし、50mgのほうが高くなると言っても25mgの2倍もの値段になるわけではありません。せいぜい25mgのものよりも数百円高くなる程度です。

では、もしあなたが25mgのバイアグラを使いたいと思ったときにはどうするのが効果的でしょうか。簡単です。50mgのものを半分に割ればいいのです。

実はバイアグラはこのような使い方があらかじめ想定されている場合があり、バイアグラのジェネリックにはわざわざ半分に割るための線が入っているものもあります。

自分で切るのが難しいと思う方は、ピルカッターという道具を購入することで簡単に薬を半分に切れるので、よかったらそちらも試してみてください。

ちなみに外国製のバイアグラならば100mgのものもありますので、それを半分に切ることで、お得に50mgのバイアグラを作ることもできますよ。

一番安くバイアグラを買うにはどうしたら?

以上、バイアグラの価格やそれに対する色々な方々の反応、そして安く抑える工夫まで、様々な面からバイアグラについて述べていきました。

この記事を読んだ方は、とりあえず偽物のリスクはあるみたいだけど、ネットが一番安いのかなと思われたかもしれません。確かに、価格を見る限りではその通りです。そして1回2回偽物を掴まされたくらいでは、埋められないほどのメリットが通販にはあるようですね。

しかし、通販にはひとつ大きな問題点があります。それは、なにかあっても「自己責任」ということです。

具体的に言うと、例えばあなたが通販で個人輸入した薬が偽物で、重篤な副作用を引き起こしたとしましょう。その場合、病院に行っても保険による治療はできません。

さらに厄介なのは、バイアグラやそれに準ずる薬はたとえ正規品であっても副作用を引き起こす可能性があるということです。これは、バイアグラが危険だから起きるのではなく、勃起を促すための血管拡張効果によるものなので、ある程度は仕方のないものです。

ただし、一緒に飲んではいけない薬や食べてはいけない食べ物、酒の飲み過ぎなど、ちょっとしたミスから大きな問題になることもあります。

もし万が一そのような事態になってしまったら、通販で浮かせたバイアグラの購入費なんてあっという間に飛んでいってしまいますね。そのようなリスクを考えると、本当に通販は安いのか、という点が疑問に思えてきます。

こんな事態を防ぐためにも、費用を抑えたいのなら、病院でジェネリックを買ったほうがいいのではと個人的には思います。

高ければ良い訳ではない!自分に効果のあるサプリを見つけよう

Source: https://penis-sodan.com/articles/1254




ED薬にも様々な種類があります。

こちらでは、知名度の高いED薬の先発品をご紹介しております。

 

Source: http://www.ed-kobe.com/brandname/



約イメージ バイアグラ購入方法

あなたは、約Google画像検索にどのようなイメージを見つけることができます バイアグラ購入方法:

バイアグラ購入方法

Archieve

November 2016